障害年金についてのアレやコレ

障害者特例制度

障害者特例制度

散歩

障害を持っている方には障害年金があるのですが、老齢年金にも障害者が利用できる障害者特例という制度があります。この特例制度は障害年金を受給している人や支給していない人などは障害者特例を申込むことが出来ます。その特例とは、障害年金で支給されることがない定額部分と呼ばれる年金が支給される制度のことを言います。この制度は厚生年金に長期に加入した人だけが受けられるサービスの長期特例と仕組みが一緒です。厚生年金には、全く加入期間がありません。そのため、加入期間が長いとたくさんの年金を貰うことが出来ます。また、長期間加入した生年月日が一定の方の場合は、受け取ることが出来ない年金を大盤振る舞いで貰うことができるのです。これが厚生年金の長期特例制度なのです。そしてその長期特例の仕組みが障害者特例にも含まれているのです。

障害者特例と障害年金

障害者特例には、要件があります。その要件の一つ目が厚生年金に加入している期間が1年以上も経過していることです。また、二つ目は障害者等級が3級以上の障害を持っている事と厚生年金に加入していない事がこの障害特例の要件となります。特に障害等級3級以上の方は厚生年金に加入する必要がないのです。この障害者特例は、障害年金との違いがあります。それが、初診日に加入していた年金制度と関係がないということです。そのため、障害等級3級以上の方は気軽に利用できるのです。

最新記事一覧